コロナ禍における講演セミナへの講師派遣について(2020特別対応)


コロナ禍における講師派遣・2020年度(令和2年度)特別対応について

 

コロナ禍におけるイベント開催に関する政府の基本方針により、2020年度の講演セミナー等への講師派遣について、弊社では次の対応方針と特別対応を実施致します。

 

〔政府基準〕

 室内イベントは5000人以下、かつ収容定員の半分以下の参加人数であること

 

〔2020年度の特別対応〕

上記の基準により、会場の収容人数の都合で予定の定員での講演セミナー・研修などの開催お困りの場合、1講演分の費用で1日2回廻し(同じ内容の講演を2回)ご提供します。

 

例)参加者100名の講演等の開催を予定したいが会場の収容定員100名の場合

   1回50名定員の講演を2回行います。(間に充分な喚起・消毒の時間を設ける)

 

詳しくは、下記PDFをご確認ください。 

 

※尚、対応は政府基準の変更に伴い、変更される場合があります。

 

ダウンロード
コロナ禍の講演セミナー等の講師派遣(2020特別対応)について
2020special_support.pdf
PDFファイル 407.9 KB

代替開催方法

ウェビナー(オンラインセミナー)にも対応しています

 

感染状況により講師が現地に行くことが難しい場合など、東京にいる講師と遠隔地の会場をオンラインで結び、講演セミナー・研修を行うウェビナーにも対応しています。

 

万が一の場合、開催当日のウェビナーへの変更も承ります。(事前に映像や音声に支障がないかテストを行います)

 

詳細はこちら