FAQ オンラインセミナー・動画配信・講演DVDに関して、よくある質問をまとめました


ウェビナー(オンラインセミナー)・動画配信・講演DVDのFAQ

ウェビナー(オンラインセミナー)や講演の動画配信、講演DVDに関して、よく頂く質問の回答をまとめました。

 

 

1.講演をオンライン(ウェビナー)で開催する場合

 

2.講演をYouTubeなどの動画で配信する場合

 

3.講演をDVD化して配布する場合


※こちらに該当のご質問内容がございませんでしたら、お気軽にお問合せください。


1.講演をオンライン(ウェビナー)で開催する場合


Q.講演をオンライン(ウェビナー)で開催する場合、主催者で用意するものはありますか?

弊社では通常、無料会議アプリのZOOMを使用しています。主催者様でご用意頂くものとしては、インターネット環境がある会場をご用意頂くこと、その他にZOOMで必要となるマイクとカメラを備えたパソコン、画面に映し出すためのプロジェクターです。

 

Q.講演をオンライン(ウェビナー)で開催する際の費用を教えてください。

一般的な講演と同じ、講師料のみ必要となります。オンラインの場合、交通費は発生しませんので、その分、主催者様にかかる費用負担が軽減できます。

 

Q.講演をオンライン(ウェビナー)で開催する際の所要時間は決まっていますか?

基本的には通常の講演同様、主催者様のご希望の所要時間で対応させて頂いていますが、コロナ禍においては1時間に一度程度、十分な換気の時間を取って頂けるようにお願いしております。尚、通常の講演の所要時間は90分程度、休憩や質疑応答を入れて2時間程度です。

 


2.講演をYouTubeなどの動画で配信する場合


Q.講演をYouTubeなどの動画で配信するスタイルで講演してもらうことは可能ですか?

予め契約で視聴する人や配信期間を定めて、一定期間YouTube動画で配信することも可能です。この場合、パスワードを設けた限定配信となります。

 

Q.ウェビナーの講演内容を当日参加できなかった人にYouTube動画で提供することはできますか?

ウェビナーで行った講演についてはYouTubeなどの動画でご覧頂くことはできません。ご希望があれば、ZOOMで録画した講演DVD1枚を提供し、出席できなかった方に予め契約で定めた期間につき、貸出をすることは可能です。但し、ご提供した講演DVDの再複写はできません。

 


3.講演をDVD化して配布する場合


Q.講演DVDは、すでに講演をDVD化された既製品を販売するものですか?

通常、弊社で提供する講演DVDは、主催者様がご希望されるカリキュラムで講演を収録し、製作したマスターDVDをご提供。DVDの複写ダビングに関しては、予め契約で定めた配布先数につき、主催者様で行って頂くスタイルを取っております。

 

Q.ダビング枚数に制限はありますか?

ダビング枚数に制限はありませんが、予め配布先数は契約で定めた範囲内でダビング頂き、許可なく再複写を行うことはできません。

 

Q.納品されたDVDを再複写し、関係者で視聴することは可能ですか?

予め契約で定めた配布先枚数を超えて複写並びに再複写はできません。

 

Q.講演DVDの収録時間に上限、下限はありますか?

講演DVDは通常の講演と同じく、主催者様のご要望の時間で収録します。下限は特に設けておりませんが、上限としては通常90分程度を想定しております。(尚、DVD視聴の場合、1時間を超えると視聴される側に負担感があるようです。参考まで)

 

Q.講演DVD製作にかかる費用を教えてください。

特別な収録や編集作業を求められない限り、講師料以外の費用は不要です。

 

Q.制作はどのように行われますか?

主催者様のご希望のカリキュラム、所要時間などに添って講演DVD用の講座資料を作成。東京の会場で講師が講演を行い、その内容を録画したデータをそのままマスターDVDに落とし納品するスタイルです。通常、収録はZOOMを使って行い、主催者様はZOOM上でその模様をご覧になることも可能です。直接、講師が主催者様指定の場所に出向いて収録を行う場合、交通実費を申し受けます。

 

Q.講演DVDに収録された講座資料を提供頂くことはできますか?

配布を予定されている団体等へ講座資料を提供されたい場合は紙媒体に限りご提供頂いて構いません。データの複写や配布は固くお断ります。