地域資源活用、地域ブランド戦略、観光まちづくり、地域活性化、まちおこし

ホーム

最新情報

サイトリニューアル中。しばらくご容赦ください。

アップデート 
日経ビジネスオンラインで連載中のコラム
日本人だけが知らない新ニッポンツーリズム書籍化
訪日観光事例マーケティング&インバウンド戦略本

「日本人だけが知らないニッポンの観光地」日経BP社 詳細はこちら アマゾンはこちら

2014.11.5 衆議院経済産業委員会(地方創生)参考人出席
2014.9.7 大人のおしゃれ手帖「開業アドバイス」記事
2014.6.1 近代セールスにて連載開始 
2014.327 日経ビジネスオンラインにて連載開始 
2013.12  国内旅行ガイドサイト「たびねす」ナビ

 

講演セミナー研修 講演セミナー・研修実績はこちら 

12/1那珂川町「夕焼け温泉郷活性化セミナー」
12/4大曲商工会議所「6次産業化への取り組み方」
12/16秩父商工会議所「売れる特産品と魅力的な店づくり」
1/15新潟県農林公社「農業意欲と地域活性化」
1/20鳥取市西商工会研修会「魅力ある着地型観光づくり」
1/20鳥取市西商工会「まち歩き、着地型観光セミナー」
1/23北広島市「地域資源活かしたコミュニティビジネス」
1/27.28延岡誌雇用創造協議会「魅力ある商品づくり」
1/29地方銀行協会「地域資源を活用した地域・まちおこし」
1/30茨城県博物館協会「これからの博物館・魅力づくり」

 

日経ビジネスオンラインで新連載スタート!

日経ビジネスオンライン連載「日本人が知らない新ジャパンツーリズム」

第15回衰退する旅館、成長するRYOKAN
第14回ナリタ・ハネダを経由しない訪日客が急増する?
第13回ジョブズも憧れた訪日下位県の最強コンテンツ
第12回富士山、世界トップ観光地への道(静岡編)
第11回地域交通網と結び、動線を広げるバス
第10回外国人は「城と街道」を目指す(後編)街道編
第9回外国人は「城と街道」を目指す(前編)城編
第8回訪日観光、関西の雄は京都? 大阪?
第7回アジア訪日客が大阪・黒門で食べたい意外なモノ
第6回国籍・言語を超えてアートは人を呼ぶ
第5回外国人が熱愛する日本の鉄道、期待の星は?
第4回東京の3つの宿が訪日客から絶賛される理由
第3回島国日本のいまだ目覚めぬ「水の観光」
第2回ブランド戦略は最強の競合国と世界一の○に学べ
第1回アジアで富士山の次に人気がある日本の場所は?

日経ビジネスオンライン連載「日本人が知らない新ニッポンツーリズム」 インバウンド・訪日観光誘致の新連載

 

近代セールス

2014年6月1日より 
近代セールスにて連載開始!
事例に見る地域活性化の突破口

6/1号~、月1連載、全10回(予定)

月刊誌・電子版・日経テレコン21などでご覧頂けます。

詳細

第8回 地域資源を活かした宿づくり(1/1号)
第7回 まちあるき観光(12/1号)
第6回 ローカル鉄道を存続させるアイデア(11/1号)
第5回 ニューツーリズム産業観光編(10/1号)
第4回 商店街に訪日外国人を呼び込む(9/1号)
第3回 歩いて楽しい温泉地「草津温泉」(8/1号)
第2回 人を呼び込むアートなまちづくり(7/1号)
第1回 滋賀県長浜市「黒壁のまちづくり」(6/1号)

 

Travel.jp国内旅行ガイド「たびねす」

Travel.jpたびねすナビゲーター、国内旅行ガイド

2013年12月より、国内旅行ガイドサイト「たびねす」でナビゲーターを開始。全国各地を取材、地域のおすすめ情報を紹介する記事を執筆しています。
  >>掲載記事


インバウンド(訪日外国人観光)入門セミナー 

インバウンド(訪日外国人観光)誘致セミナー 2020年をチャンスに変える

新潟県妙高市で、酒を活かした訪日誘致セミナーなど

 

中心市街地活性化レポート 長崎編

中心市街地・商店街活性化 コンパクトシティ長崎市人口40万人の中核市でありながら、賑わいを維持し、活気あふれる長崎市の中心市街地・商店街。これぞまさにコンパクトシティ。>>レポート

 

 

情報誌 

市ヶ谷経済新聞掲載記事 こちら

四谷まち歩き坂道マップ2013地域資源活用・ブランドモデル事業
四谷まち歩き坂道マップ2013


迎賓館のあるまち四谷のまち歩き観光を促進、ブランド化するため、四谷周辺の55の坂を巡るまち歩きマップを発行無料配布します。A3裏表モノクロで1000部作成。

 

詳細・PDF版はこちら

 

一般販売開始

まちづくりの教科書1 中心市街地・商店街活性化編まくちづくりの教科書2 観光まちづくり編多くのご要望を頂き、「まちづくりの教科書」No.1中心市街地・商店街活性化編、No.2観光まちづくり編の一般販売を開始しました。
詳細はこちら

 

講演セミナー・研修2013カリキュラム

ここに挙げたカリキュラムは、あくまで一例です。
講演セミナー研修概要、実績・講師プロフィールはこちら   

地域資源活用・地域ブランドセミナー 新規創業・中小企業の経営革新、地域活性化・シティセールス講座 講座テキスト一例
詳細はこちら セミナーチラシ     講座テキスト一例   

売れる特産品開発・魅力的な店舗・売り場づくりセミナーチラシ 地域の食資源活用、ご当地食の開発、食のブランド化と食観光セミナー商品開発・売り場づくり講座詳細はこちら     食観光・ご当地食開発・食のブランド化セミナー 

観光まちづくり・着地型観光・ニューツーリズム・観光地域のブランド化講演セミナー・ワークショップ 泊まってもらえる魅力ある温泉地・
詳細・チラシPDF     温泉地・温泉街・宿活性化セミナー詳細はこちら 

町会・町内会・自治会・地域活動活性化講座 会計・運営管理など 地域コーディネーター養成講座 地域協働・まちおこし・観光まちづくり人材・地域リーダー育成
自治町会活性化セミナー     地域コーディネーター養成講座詳細はこらち

 

地域活性化・まちづくり

地域資源を活かした地域活性化・まちづくりのテーマ

地域ブランド・地域資源活用・シティセールス
地域ブランド

地域ブランド・特産品開発
特産品開発

ご当地食・食観光開発
ご当地食

6次産業化・農商工連携
6次産業化

観光まちづくり・着地型観光
着地型観光

温泉まちづくり・温泉街活性化
温泉街再生

中心市街地・商店街活性化
中心市街地

中心市街地・商店街活性化
地域協働

 

地域をつなぐ、巻き込む、人材の育成、能力開発を支援

地域コーディネーター講座 地域協働・市民参加のまちづくり推進~地域をつなぐ、巻き込む。

地域協働・市民参加のまちづくり推進、官民リーダーへ!
地域コーディネーターに必要な6つの基礎力を形成。
町会・自治会・行政職員に特化した講座も好評!

地域コーディネーター講座~地域協働推進・市民参加のまちづくり詳細はこちら おすすめ! 地域コーディネーター講座 リニューアル!

 

地域活性化・まちづくりレポート 

無料レポート

越中八尾・観光まちづくり

にぎわい創出の観光まちづくり検証
おわら風の盆、越中八尾の観光まちづくり

賑わい創出のまちづくり事例へ 

広島・宮島観光まちづくり

にぎわい創出の観光まちづくり検証

広島県の人気観光地トップ5比較

「賑わい創出 観光まちづくり」レポート⑤鞆ノ浦 

青森市 中心市街地活性化

中心市街地活性化・コンパクトシティ

青森市の観光誘客による活性化の課題

青森のコンパクトシティ・観光まちづくり

九州の中心市街地活性化

九州・沖縄の県庁所在地活力比較
にぎわいのあるまち、中心市街地

九州・沖縄中心市街地賑わい比較 

 

連載コラム 地域資源活用と差別化、顧客満足

長良川温泉「十八楼」

日本の温泉旅館ホテル250選初選出!

長良川温泉「十八桜」のホスピタリティ

地域資源活用・観光

ビジネスホテル顧客満足

ビジネスホテルの差別化、顧客満足比較

リピート呼ぶ!ローカルホテルの戦い方

顧客満足レポート

成功事例「若女食品」

海の安全・安心!安全、おいしさ見える化

鮮魚加工「若女食品」(浜田漁港)

地域資源活用・安全安心

第六次産業ビジネスモデル!

地域ブランドの戦い「福山黒酢」

地域資源活用・第六次産業・農商工連携

ベーカリーレストラン

不況知らずの人気店の顧客満足の秘密

ベーカリーレストラン「BAQET」

顧客満足・差別化

成功事例「ひろめ市場」

バブル負の遺産が年間300万人呼ぶ!

「ひろめ市場」の秘密(高知県)

観光まちづくり・賑わい創出

浜田商港ロシア貿易

新ルートでロシア貿易に新たなチャンス-1

LIBは、建材、瓦、食品も、一箱から

地域資源活用・新たなビジネスモデル

浜田商港ロシア貿易

新ルートでロシア貿易に新たなチャンス-2

1500万人 巨大市場ヘ最短ルート実現

地域資源活用・海外進出

人気観光スポット

人気観光スポットにみる盛衰分岐点

TDL、日光、鬼怒川温泉、浅草

観光まちづくり・賑わい創出比較

TDLタイムシェアビジネス

ディズニー・リゾート 究極の会員制

タイムシェアビジネスに学ぶ

タイムシェアビジネス・観光まちづくり

お問合わせ

合同会社フォーティR&C
113-0022 東京都文京区千駄木4-2-22-201
TEL(03)5834-1647 FAX(03)5834-1648

お問合わせフォーム 

※地方自治体の方等、セキュリティ上、フォームがご使用なれない場合は、メールアドレス 宛てにお送りください。その他の方は、フォームからお願いします。営業メールの送信は、固くお断りいたします。